避妊薬の仕組み | 最高の避妊薬「トリキュラー」と「マーベロン」の正体に迫まる!

避妊薬の仕組み

手からこぼれる薬

低用量ピルは女性の体に優しい避妊薬のことで、トリキュラーとマーベロンがとくに有名です。
避妊を行う仕組みはどちらも同じで、女性ホルモンを経口摂取することによって妊娠しにくい体を作るというものです。
トリキュラーもマーベロンも、主な成分は妊娠時に女性の体内で作られるホルモンです。低用量ピルを服用すると、体の中に妊娠ホルモンが出てきますので、脳は「この体は妊娠している」と勘違いしてしまいます。
体が妊娠状態になった場合、脳は二重妊娠を防ぐために卵巣を休眠させます。卵巣が休眠することによって排卵が起こらなくなりますので、かなり高い避妊効果を得ることができるのです。
これは女性の体が本来持つ機能を使った避妊なので、女性の体に健康被害はありません。長期間にわたって利用しても安全なので、安心して利用ができます。
もし避妊をやめて妊娠したいと思った際は、低用量ピルの服用を止めるだけですぐに妊娠ができますので、使い勝手も最高だといえるでしょう。

日本でピルといえばアフターピルという緊急用の避妊薬をイメージする方が非常に多いのですが、海外ではアフターピルを使わないためにもトリキュラーやマーベロンといった低用量ピルが使われています。
低用量ピルはアフターピルと違って事前に飲んでおくタイプの避妊薬で、一定の期間正しく服用すれば非常に高い避妊効果を発揮してくれます。
アフターピルとは全く異なるものなので、混同しないように気を付けましょう。特に、アフターピルも低用量ピルも同じ個人輸入の通販で取り扱いがありますので、どちらを購入するか目的をはっきりさせてから購入に踏み切りましょう。